デリヘル求人の探し方

ちなみに個別待機室のメリットは

①ダブルワークの場合に他の仕事が出来る
②プライベートの時間・空間が確保出来る
③仕事に臨む前に心の準備が出来る

という点です。
対してデメリットは、そういった求人に辿り着く前に「高収入のアルバイトが見つかった」という満足感が先に勝ってしまい、細かい条件設定をせずに就労してしまうケースが多く、なかなか見つけにくいという点です。という事は、待機室がいくら大事と言われても待機室も含めて高待遇の高収入アルバイトを探すのは非常に難しいのではないか?という問題です。

 

また、そう考えている方は意外にもたくさんいる現実です。高待遇のアルバイトを探すにはやはり高収入アルバイト求人サイトの活用です。

その際、インターネットサイトやソーシャルネットワークサービスを利用して口コミを参考にするという方も多くいますが、口コミはあくまで口コミなので「参考にする」という程度の心構えの方が良いです。また、求人広告を見る時の注意点としては雇用する側も後のトラブルを防ぐ為にキッチリと詳細を掲載している事があります。やはりそういった求人をチェックしつつ、他の求人と比較するのがポイントと言えます。

共同待機室の良し悪し

先にも触れましたが、実はデリヘルの待機室は個室(個人待機室)の完備が当たり前ではありません。そこで一般的な控室である大部屋待機室(個人に対して「大部屋」と記述しているだけで何人で待機するかは各店舗により異なります)のメリットとデメリットをご紹介します。

まず大部屋待機室のメリットは、

①仕事を待っている間に周りの同業者とコミュニケーションを取りながら待機出来る
②周りの同業者とノウハウなどの情報交換が出来る

上記のふたつが挙げられます。しかし、このふたつはあくまで希望的観測でもあり「出来るだけ周りと話したくない」、「やっと覚えたやり方を教えたくない」という事も往々にあり得ます。

 

次にデメリットは

①ダブルワークの際に待機中に他の仕事ができない
②自分の時間、空間を確保出来ない
③この仕事をしている事が会話の中から家族や友人に見つかってしまうのではないか?という不安が付きまとう
④仕事を待っている間に人間関係がこじれてしまう

などが挙げられます。
特に人間関係というのはこの仕事には関係ないようにも思えますが、実はそれが原因で風俗関係の仕事を辞めてしまう方は多いのです。やはり、これらのデメリットを考えてみると「たかが待機室、されど待機室」です。

風俗求人と待機部屋のイロハ

デリヘル(デリバリーヘルス)は風俗求人の中でも、高収入の仕事としても人気が高いです。しかしながら、一般的な起業などの求人を探す時には土日休み、週休二日制、完全週休二日制、ダブルワーク可、在宅勤務可などの条件に詳しく厳しく目を光らせます。しかし、それが風俗関係の仕事となるとどうでしょうか?

最初は勤めさせてほしい一心で仕事を探し、口コミに一喜一憂しながらやっと見つけていざ勤務!となります。しかし、仕事をしているうちに「こんなサービスをするとは思わなかった」、「こんな事、考えもしなかった」と言って辞めてしまう事も多いのが現実です。そんな理由のひとつにあるのがプライベートの時間と情報の問題です。そこで高収入アルバイトに応募する際に加えておいた方が良いひとつの条件が「個人待機部屋完備」というものです。

 

「えっ?部屋!?」と思う方もいらっしゃると思いますが、これが意外と重要なのです。時として「こんなに大勢の人と仕事を待ってるの?」、「個室で待機って当たり前じゃないの?」という声も勤めた後に聞こえるものです。そこでこのサイトでは時として間接的にも直接的にも待機室を理由としてせっかく見つけた仕事を辞める要因ともなる共同待機室のメリットとデメリット、デリヘル求人の賢い見つけ方などをご紹介します。是非、高収入アルバイト探しの参考にして下さい。

ただし、ここに書いてあるのは、あくまで待機室に関する記述が中心となっています。他に気になる点、ご不明な点が際には直接店舗に問い合わせるなど、決して後悔の無いようにアルバイト探しをする事をお願いします。